次の休日は、鳥取の山里の宿坊へ行ってみよう 
宿坊光澤寺
日常をはなれて、心と身体を休める・・・、
一日一組の特別な時間と空間
あなただけの場所がここにあります

光澤寺&宿坊光澤寺(こうたくじ) 
〒680-0604 鳥取県八頭郡八頭町南398 
お問合せ・ご予約は・・・☎0858-84-1650、もしくはホームページの[CONTACT]からのメールのどちらかで直接どうぞ。
心と身体をときはなってください、ここは何にも気兼ねしなくて良い所。あなたがあなたを取り戻す、それだけで心と身体は安らぎます。

※トップ写真 鳥取県知事主催ブータン王国プリンセス歓迎夕食会

山里の宿坊光澤寺こうたくじ・・・一日一組でゆっくり過ごすとっておきの休日(お一人でも大丈夫です)

日本の山里の原風景が広がる・・・
ここには、ただ田舎の四季の自然だけがある。

この宿坊は、心と身体をゆっくり休めるためにあります。それが一日一組にしている理由、一人旅の方もたくさん訪れる。
それぞれが、それぞれに思い思いの時間を過ごすことができる。そしていろんな体験もご自由にお選びいただける、そんなお寺や宿坊は、日本にここにしかない。もちろん、何もしないでのんびりと過ごすのもいい

【ご宿泊】一泊二食付 お一人9,000円
※3人様以上のグループは、お一人8,000円です。
※体験料は宿泊代に含まれています。
【日帰り体験】昼食付 お一人1,500円
※ご宿泊・日帰り体験の詳細はこちらからどうぞ⇒。
 

お問合せ・ご予約は
☎0858-84-1650もしくは、ここを[CONTACT/お問合せ]をクリックして下さい。
※ご予約は、直接お電話もしくは[お問い合わせ]でのメールでのみ承っております。(申し訳ございませんが、夫婦二人で運営している小さな宿坊ですので、ネット予約サイト等でのご予約は対応できないのです)
掲載している写真は、お客様の了解をいただいて載せております。

お寺の前の風景・・・四季のある場所
光澤寺の風景
宿坊の看板
さあ、宿坊に行こう!

宿坊してみませんか?

宿坊光澤寺は一日一組なので、自分の好きなように過ごせるのが魅力です。
さらに自分の好きな時間に好きな体験ができる。
体験は、希望により写経(般若心経/重誓偈/正信偈)・瞑想(マインドフルネス)・心の授業・法話・読経(朝夕のお勤め)・お作法を体験いただけます。
仏教のことや浄土真宗の講座も対応。
さらには、絵手紙・消しゴムはんこ・ご朱印帳作りまで、あとは、心ゆくまでゆっくりと、お話しをすることができます

仕事のことから悩んでること、そしてこれからのことまで、何でもお気軽にお話しすることができます。
普段は誰にも話せないことでも、ここでなら話すことができる。
人気の高いBARミッドナイト(本堂深夜BAR)でゆっくりと話すことも

宿坊で一番多いのは、住職と話をすること。
心をゆっくりと解き放ち、自分の心を軽くする。
そしてまた日常へと戻って行くこと、全国にそんな場所はここにしかありません。

どうぞ思い思いの宿坊をゆっくりとお過ごし下さい。
朝日の差し込む本堂
ゆっくりとすごす
瞑想中
ご希望で夜の本堂がBARになります・・・

ブータン王国のプリンセス一行が光澤寺に来られました!

2019年10月12日~14日
Bhutan Festival 2019 in Koutakuji - Japanを開催しました。

3日間に渡って開催されたイベント、約500人の方にご来場いただきました。
ウェルカムコンサート・ブータン僧侶による読経・砂のマンダラ製作
トークイベント2回・ブータン料理の夕べと、ブータン一色に染まりました。
プリンセス一行
砂のマンダラ
みんな集合
砂の美術館

思い思いに宿坊を楽しむ

宿坊には決まったスケジュールはありませんそれぞれお一人お一人が、思い思いに宿坊を楽しんでいただける、フリースタイルな宿坊なのです

すべてがあなたの思いのままに・・・ 
お一人で、グループで、ご夫婦で、ご家族で、宿団体で・・・


どちらでも一日一組で、お客様のご希望に合わせて対応致します

大学生も一人旅
周辺を散策するのもいい
女性三人の休日
グループでも・・・

光澤寺マンダラでエネルギー充電!

光澤寺本堂にマンダラ壁画が完成しました。
阿弥陀如来の本尊の裏側にあって、宇宙と本堂を一体化させるものです。

引き込まれるような感覚とともに、そこから感じるエネルギーはすごい。
作家は、仏画絵師の小粥さんです。

手書きのマンダラ、これを見るだけでも宿坊に来る価値があります。
どうぞエネルギー補充に、こころを解き放ちに、マンダラを見においで下さい。

「ゆる坊?」・・・澤部さんのひとこと。

澤部さんが泊まりでロケに来られたときのこと。

それまでは厳しい修行体験が中心だったようですが、この宿坊ではゆっくりと過ごされていました。
ロケのスタッフの皆さんも、とても楽しそうでした。
そのときの放映で、澤部さんから「ゆる坊?」ってひとことが。
そう、ここは思い思いに過ごすことができる「ゆる坊」なのかも知れません。
心と身体をゆっくりと休める場所。

思いを受けとめてくれる場所

この宿坊は、あなたの思いを受けとめてくれる場所だと思います。

無理をせず、でもしっかりと受け止めてくれる。

そんな場所がときには必要だと思います。

人にはいろんな思いがある、その思いをこの場所が包み込み、そして流してくれるでしょう。

TVでもたくさん紹介いただいています・・・どなたでもお気軽にお越しいただけます!

この宿坊は、一人旅の方が一番多いです。

でも、親子やご家族やご親族でいらっしゃる方、お二人やグループでお越しになられる方も。

 10代から80代、男性や女性問わず、いろんな方が来られています。

 体験もされたり、ごゆっくり過ごされたり。

過ごし方も、思い思いのまま、どなたでもお気軽にお越しください。

 

リピーターの方も増えてきました。

一年目から毎年お越しいただいている方も、数組いらっしゃいます。

これからもずっとおいでいただけると良いですね。

 テレビ局の取材やロケでも、宿坊をたくさんご紹介いただきました。

2012・10 NHK鳥取放送局「いちおしニュース鳥取」

2013・8  日本海テレビ「ニュースevery日本海」

2013・8  山陰中央テレビ「週刊・ヤッホー!」

2014・9  日本海テレビ「スパイス」

2015・5  テレビ東京「そうだ旅に行こう・宿坊澤部」

                         二週連続で放送していただきました。

2015・5  山陰放送「テレポート山陰」

2015・5  山陰中央テレビ「SLに夢乗せて~若桜鉄道の挑戦~」

2015・9  山陰放送「生たまごBang!」
2016・1  NHK鳥取放送局ラジオ収録「やしろ荘でごにょごにょ」
2016・10 週間女性自身
2017・7  山陰中央テレビ「ヤッホー!」
2018・2  日本海テレビ「金曜スパイス」
2018・2  フジテレビ「ノンストップ!」
2018・4  NHK鳥取放送局ニュース「お寺で新入社員研修」
2019・10 NHK鳥取放送局・山陰放送・日本海テレビ・山陰中央テレビでBhutan Festivalを特集していただきました。

以上で宿坊を特集していただいております。

それ以外にも、ニュース等で取り上げていただいております。

Bhutan Festivalから
Bhutan Festivalから
Bhutan Festivalから
Bhutan Festivalから

一人で過ごす休日・・・自分だけの時間がここにはあります

宿坊には、一人旅の方も多く来られます。
お一人でも一日一組だけ、自分だけの時間を過ごすことができます。

ここには、「初めての一人旅」という方も多くいらっしゃいます。
一人でも安心して泊まることができる、そしてその時間はあなただけに用意された時間になります。

体験も自由に思いのまま、ご希望があれば夕食もご一緒にさせていただくことも多いです。
だからお一人で来られても寂しさを感じることはありません。
もちろん、お一人でゆっくりされる方も。

お寺が好きな方、写経や瞑想などを体験してみたい方、のんびりゆっくり過ごしたい方、お話しを楽しまれる方、宿坊に泊まってみたい方。
そして心に抱えた思い、ストレス、悲しみや苦しみもあるときも。
それぞれにそれぞれの思いがそこにある、そんな方々とすでに500人以上向き合っています。

過ごし方はどうぞご自由に・・・。





お酒も飲めちゃいます
お寺を楽しむ
静かな空間で過ごす
帰りには笑顔になる

四季の自然をそのままに・・・

ここ鳥取県東部の若桜谷は、日本で一番季節感がはっきり出る場所なのです。
 

4月に入ると入学式前に桜が咲き、GWには新緑が映え、6月に田植えをし、真夏はまるで昔の夏休みの様な場所。

秋には梨や柿が実り、稲も黄金色に輝く。

紅葉もクッキリと映え、12月には必ず初雪が降ります。

クリスマスや大晦日の頃には、一面真っ白に。

 

こんな場所は、自然豊かな日本でも少ないのです。

日本人の季節感のままに、四季の自然が存分に楽しめる日本で少ない貴重な場所なのです。

春 4月
夏 8月
秋 11月
冬 1月