「しあわせについて語ろう・・・2014」

ホーム > 『やずブータン村』について > 「しあわせについて語ろう・・・2014」

「しあわせについて語ろう・・・2014」

やずブータン村企画では、

「しあわせについて語ろう・・・2014」、を9月に開催する予定です。

本当のしあわせって何だろうか、参加者も交えて一緒に語る場を設けたいと思っています。

 

【予定】

2014年9月27日(土)

一部:14:00~16:00 パネリストによるディスカッション

二部:16:00~16:30 みんなでしあわせについて語ろう・・・参加者も一緒に!

三部:17:00~17:30 パネリストを囲んでの座学・・・ブータン料理を食べながらたくさん語ろう!

 

一部と二部は、参加費は無料でどなたでもご参加いただけます。

三部は懇親会形式の座学を予定しております。

座学については参加費3千円となっております。

 

お問合せは「やずブータン村」まで

⇒ ☎0858‐84‐1650

⇒ もしくは、このHPの「お問合せ」からどうぞ。

『パネリストの皆さんのご紹介』

まだ予定ではございますが、4名のパネリストの方々をお招きいたします。

それぞれの方より、「しあわせについて」いろんなお話しが聞けると思います。

分野の違うこれほどの方々が集まる機会はそうないと思います。さてどんなお話しが聞けるか、ぜひ皆さんも参加して一緒に「しあわせについて」語ってみませんか。

 

1.小林愼太郎氏

鳥取環境大学副学長、元京都大学大学院地球環境学堂長 、京都大学名誉教授

地球環境学の専門分野に加え、農業やブータン研究にも造詣が深く、ブータンにも何度も足を運ばれています。

 

2.二神恭一氏

東京都荒川区自治総合研究所所長、早稲田大学名誉教授

荒川区はいち早くGAH(荒川区民総幸福度)を掲げて、地域社会の健全な発展を目指しておられます。住民の幸福実感向上を目指す基礎自治体連合「幸せリーグ」を主宰し、現在全国52の自治体が参加しています。住民の幸福と言った観点からも、興味深いお話しを聞かせていただけると思います。

 

3.松本紹圭氏

東京大学文学部哲学科卒 僧侶 Indian School of BusinessにてMBA取得

いち早く超宗派のネット寺院「彼岸寺.net」を立ち上げ、現在日本仏教界におけるニューリーダーとして多方面で活躍中です。

世界経済フォーラムから「ヤング・グローバル・リーダース2013」に選ばれるなど、その活躍ぶりは仏教界に留まらず注目を集めています。

 

4.関健作氏

ブータン写真家 順天堂大学スポーツ健康科学部卒 JICA海外青年協力隊に参加、ブータンに体育教師として派遣されておられます。

昨年の「第一回やずブータン村」の写真パネル展では、写真をお借り致しました。

現在はプロの写真家として活躍されるとともに、講演活動や支援活動など積極的に取り組まれています。

今回のパネリストの中では一番若い方ですね。

背の高い方が先生です。

荒川区自治総合研究所所長

松本紹圭氏  ・・・ 京都のsubwayにて。

関健作氏 ・・・ fbより。
お問い合わせ
トップにもどる